【ドラクエタクト】ドラクエ3イベントで絶対に育てておきたいモンスターはこの3体!【DQT】

 

 

f:id:mach04161101:20201003195916j:plain

 

ドラゴンクエストタクトをプレイしているみなさん、ごきげんよう!

 

GirlsAppLab!!管理人のまっはです。

 

 

今回はドラクエ3イベント第1弾で追加された7体のドロップモンスターのうち絶対に育成するべき3体のモンスターを紹介したいと思います。

 

初心者さん必見の内容になっていますので、是非記事を最後まで読んでみてくださいね!

 

絶対に育てておきたいモンスターはこの3体だ!

それでは私が必ず育成してほしいと思っている3体のモンスターを紹介していきます。

じごくのきし

f:id:mach04161101:20200926055356j:plain

 

ドラクエ3イベントが行われるまでに追加されたAランクのドロップモンスターは以下の4体です。

 

  • ドラゴン
  • ヤタイゴースト
  • ぬかどこスライム
  • バブルキング

 

はい、そうそうたるメンバーですよね。

 

ヤタイゴーストとぬかどこスライムはプレオープンの闘技場で私に「やはり状態異常は強い」ということを再確認させてくれましたし、バブルキングは高難易度のクエストを"毒"で攻略するという新たな方法を示してくれました。

 

f:id:mach04161101:20200914194435j:plain

▲ 個人的にはバブルキングが優秀すぎます

 

ドラゴンは特に無課金でプレイされている方にとっては非常に頼もしい"相棒"として活躍してくれていると思います。

 

 

さて今回ドラクエ3イベントの第1弾で新たなドロップモンスターとして"じごくのきし"が追加されました。

 

巷ではじごくのきしは「完凸させる必要があるの?」とか「ってかそもそも必要あるの?」とまで言われている始末ですが、やはりそれは彼の取得するとくぎに問題があるんだと思います。

 

じごくのきしについては動画配信者による煽りも少ないですよね。ってかないですよねwまぁしょうがないとは思いますけど。

 

今までに追加されたAランクのモンスターがやれぶっ壊れだーと言われたのは、4体中3体のモンスターが状態異常を付与できる強力かつオリジナリティのあるとくぎを取得したからです。

 

特にバブルキングは攻撃しながら毒を付与できる"どくどくづき"や、最大3体の敵を一気に猛毒状態にできる"もうどくの息"など、強力で今後バブルキングしか取得しないであろうオリジナリティのあるとくぎを取得できました。

 

さてじごくのきしが取得するとくぎは

 

  • やけつく息
  • ふうじん斬り
  • みだれ斬り

 

この3つです。

 

オリジナリティのある"みだれ斬り"は無属性の6回攻撃で今までのモンスターのように状態異常を付与できないので、そこまで強いとくぎのようには思えないかもしれませんが、こういった複数回ヒットするとくぎはヒットごとに会心判定があるので火力が出やすい傾向にあります。

 

f:id:mach04161101:20200928222741j:plain

▲ じごくのきし「オレダッテマケテナイ」

 

さらに無属性のとくぎなので敵を選びません。(個人的にはこれが強いと思っています)

 

さらにさらに最大3体の敵をマヒ状態にできる"やけつく息"はじごくのきし以外にはしびれくらげしか取得できませんし、バギ属性のふうじん斬りがあるので敵の弱点をつくことだってできます。

 

f:id:mach04161101:20200928222031j:plain

▲ いつか絶対やけつく息が役に立つ日が来ますから

 

以前どこかの記事で書きましたが、今は闘技場のための"駒"を揃えている段階なんです。

 

じごくのきしの上位互換やそれに代わる存在がいるのならば話は別ですが、じごくのきしに取って代わることができるモンスターって今のところいないですよね?

 

よろしいでしょうか。確かに今じごくのきしが活躍できる場所はないのかもしれませんが(デイリーのはぐれメタル戦ではヤバいくらい活躍しますけど)、今後どうなるかなんてわかならいのですから何も考えずに完凸させておきましょう。

 

じごくのきしについて詳しく書いた記事があります。よろしければ参考にしてみてください。

www.girls-app-lab.com

 

ちなみにじごくのきしを仲間にして覚醒できるのはドラクエ3イベント中だけであることも忘れずに。

 

ガメゴン

f:id:mach04161101:20200926055427j:plain

 

正直Aランクのじごくのきしよりもクローズアップされているガメゴンパイセン。

 

今まで味方のダメージを肩代わりできる"みがわり"を取得できたのはストーンマンだけだったわけですが、ガメゴンはみがわりを取得できるだけでなく最大3体の敵を眠らせることができる"あまい息"まで取得してしまいます。

 

f:id:mach04161101:20201003113156j:plain

▲ みがわりを取得できるモンスターは貴重ですよ!

 

さらにHPが高いので耐久性が高いことはもちろん、敵の呪文攻撃は守備力で減算できないので耐久的にはストーンマンよりも上です。(あくまで耐性を考えなかった場合です)

 

詳しくはこちらの記事にて紹介していますので参考にしてみてください。

www.girls-app-lab.com

 

www.girls-app-lab.com

 

ただ問題があるとしたならばBランクモンスターゆえのドロップ率の低さでしょう。

 

イベント終了後もガメゴンがドロップする常設クエストが設けられるようですから、今無理に覚醒を進める必要はないですが、最低でもイオ耐性が上がる4凸まではさせたいところです。

 

アルミラージ

f:id:mach04161101:20200926055605j:plain

 

今回追加されたドロップモンスターは残念ながらみんなが強いわけではありません。

 

Bランクということで多少は期待したホロゴーストは息とくぎしか取得しないので微妙過ぎますし、Cランクのフロストギズモに至っては取得するとくぎが"こおりの息"と"こごえる吹雪"のヒャド属性の息とくぎだけとか、運営さん適当すぎんよ~(呆れ)

 

f:id:mach04161101:20201003194106j:plain

▲ ちょっとかわいそうですよね・・・。

 

原作ドラクエ3ではじごくのきしと並んで"ネクロゴンド嫌われブラザーズ"として名を馳せたフロストギズモは、ドラクエタクトではバトルロードでしか使われないモンスターに格下げです。

 

 

さて『絶対に育てるべき3体のモンスター』のラストを飾るのはEランクのアルミラージちゃんです。

 

今回アルミラージをおすすめする理由は以下の2つです。

 

  • ランクが低い
  • ラリホーを覚える

 

これはもちろん今後開催される闘技場を見据えてのことです。

 

闘技場ではウェイトが実装されるわけですから、プレオープンのときのようにSランクモンスターだけでパーティを組むことができず、低ランクのモンスターも編成する必要が出てきます。

 

低ランクのモンスターは基本的にステータスが低いわけですからパーティのアタッカーが務まるわけがありません。

 

闘技場で低ランク限定の大会が開催されたら別ですが。

 

では低ランクのモンスターに求められるものはと言われたらそれはズバリ"状態異常"です。

 

低ランクのモンスターは攻撃でSランクのモンスターを倒すことはできませんが、状態異常でSランクのモンスターの行動を止めることはできます。

 

さらに何気にラリホーを使えるモンスターって少ないので(Cランク以上にしかいません)、低ランクでラリホーを使えるアルミラージは貴重なモンスターだったりするんです。

 

f:id:mach04161101:20201003193713j:plain

▲ 見た目も可愛いですしねw

 

もちろん覚醒させて生存率を上げることは大事だと思いますが、正直今アルミラージを覚醒させるために時間とスタミナを割くことはできないと思うので、無凸のままでいいですからバトルロードでレベルマにはしておきましょう。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。今回は『ドラクエ3イベントで絶対に育てておきたいモンスターはこの3体!』ということで、じごくのきし、ガメゴン、アルミラージを紹介してみました。

 

繰り返しになりますが、じごくのきしはイベント中でなければ仲間になりませんので完凸&レベルマを、ガメゴンとアルミラージはイベントが終わった後でも覚醒を進めることができますのでレベルマだけで大丈夫です。

 

余裕があるのならばガメゴンの覚醒を進めましょう。

 

 

しかし今回おすすめしなかったホロゴースト、フロストギズモ、マリンスライム、おおがらすは仲間にしなくていいわけではありません。

 

ガチャでバラモスやスノードラゴンを仲間にできなかった方はこの4体のいずれかがいないとバトルロードを進めることはできないわけですし、レベルを上げればマスターランクも上がる可能性もあるわけですから、結局南極最大までランクアップ&レベルマは必要なわけですw

 

あくまでこの4体は覚醒させる必要はないってだけです。

 

それでは快適なドラクエタクトライフを。

 

 

今回はここまでです。では、また次回です!!