DeNa筒香選手がメジャー挑戦へ【雑談】

みなさんこんにちは!GirlsAppLab!!管理人のmachです。

 

このブログでは1年余りずっとソシャゲのことばっかり書いてきましたが、キンスレよりもプリコネよりもドラガリよりも、もうそんなことどうだっていいくらいの衝撃?が本日走ってしまいましたよ。

 

衝撃っていうか、電撃?いやいや前々から知ってはいたことだからそこまで衝撃ってわけではないんだけど、いざ本人の口から正式に発表があるとやはりねぇ・・・。

 

タイトルにもある通り横浜DeNaベイスタースの筒香嘉智選手が来季メジャーリーグに挑戦することが明らかになりました。

 

以下は記者会見での筒香選手が話したことです。

 

 

「ポスティングシステムにてメジャーリーグ挑戦を決断しました。人生の約半分をこの横浜の地で過ごすことができました。優勝はできませんでしたがクライマックスシリーズ3度、日本シリーズ1度を経験することができました。プロに入って良い時も悪い時もファンの皆様の温かいご声援で今の自分があると思っています。この場でファンの皆様にお礼を申し上げたく、会見を開かせていただきました。10年間ありがとうございました」

 

「快くポスティングを認めてくださった横浜DeNAベイスターズの方々に感謝しています」

 

 「いい時も悪い時もファンのみなさまの温かい声援で、今の自分があると思います。この場でファンのみなさまにお礼をお伝えしたく、会見を開きました」

 

「一番は小さい頃、イチローさんや松井秀喜さんのプレーする姿をテレビで拝見し、だんたんとメジャーリーグへの憧れが強くなってきました」

 

「もちろん、野球ですので、守備も走塁もバッティングも全部が大事。精いっぱい全力でプレーしたい」

 

「これまでと変わらず、チームの勝利に、必死になって貢献する姿をみていただきたい」

 

私が筒香選手を初めて生で見たのは3年前のマリンスタジアムでのロッテとの交流戦のときでした。(東北在住だけど20年以上千葉ロッテファンやってます。)

 

筒香選手の第一印象はズバリ「ゴリラ」

 

だって本当にそう思ったんだもん。

 

体が本当にデカくて腕周りなんか昔西部にいたカブレラくらいあったんじゃないかな(大袈裟)

 

私はベイスターズの試合を見ることはあまりなかったんだけども、万年最下位争いをしていたベイスターズがクライマックスシリーズや日本シリーズに出場できるまでになったのは筒香選手がいたからといっても過言ではないんじゃないかな。

 

筒香選手を4番打者として起用し続けた中畑前監督の先見の明は確かだったということです。

 

さて少し話は変わりますが、昔はほとんどのチームの4番打者といえば外国人選手が多かったですよね。(もちろん日本人選手の4番打者がいなかったわけではないのですが)

 

ブライアント、カブレラ、ローズ、ボーリック、呂明賜(知ってる人いるかな?w)・・・数え上げたら枚挙にいとまがありませんが、私の記憶のなかでは一昔前の4番打者と言ったら外国人選手のイメージしかありません。

 

私が幼い頃のジャイアンツの4番打者って言ったら原現監督などがいらっしゃいましたが、原監督は他のチームの4番打者と比べて線が細かったので4番打者(パワーヒッター)っていうイメージはなかったんですよね(でもホームランはそれなりに打ったんですよね、すごい)。

 

でもいつの頃からかいわゆる"和製大砲"と呼ばれる日本人選手のパワーヒッターが増えてきました。

 

最近だとカープの鈴木選手、ジャイアンツの岡本選手、オリックスバファローズの吉田選手、ライオンズの山川選手などといった若い和製大砲が活躍していてすごくいい感じです。

 

しかしそんな最近の和製大砲の火付け役とも言うべき筒香選手が遂に日本を離れてしまうことになりました。

 

いわゆる球界の"宝物"が外国に流出してしまうことに対して異を唱える方もいらっしゃるようですが、私はチャンスがあるのならばどんどん海外にチャレンジしてほしいと思っている人間です。

 

最終的にはそれが日本球界の力の底上げにもなると思っていますし。

 

今回筒香選手はFAではなくポスティング制度を使ってメジャーに挑戦することになりますが、最後の最後までベイスターズやベイスターズファンのためになることをしてくれる結果となるようです。

 

おそらく入札するチームは現れるでしょうからベイスターズは大金を・・・いや何でもないです。

 

マリーンズにも筒香選手みたいな和製大砲でてきてくれねーかな・・・。

 

頑張れ井上!!